相続紛争コラム

2019年07月04日

遺産分割審判

遺産分割調停が成立しなかった場合は、原則として、遺産分割審判へと移行することになります。 審判手続きに進む必要がある場合は、自動的に審判手続きへと移行しますので、改めて申立て手続をする必要はありません。 もし、遺産分割調停の段階で弁護士に依頼していない場合は、遺産分割審判の段階では弁護士に依頼したほうがよいでしょう。... 続きはこちら≫

2019年07月04日

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺言がない場合は、法定相続人が、「遺産分割協議」を行い、「遺産分割協議書」を作成する必要があります。 当事務所では、遺産分割の交渉を代理しています。遺産分割協議が、うまく進みそうにない場合は、早めに御相談ください。 当事者間でもめて、対立が激しくなってからでは、弁護士が代理をしても、解決まで時間がかかることがあります。... 続きはこちら≫

2019年07月04日

相続調査について

遺産分割協議を行う前の準備として、「相続調査」を行う必要があります。 その内容は主に、以下の2つです。 ①相続人の確定 ②相続財産の確定 いずれの調査も、遺産分割協議を行うには欠かせない調査と言えるでしょう。 ①相続人の確定について 「相続人の確定」とは、主に以下の調査です。 ・被相続人が生まれてから死ぬまでの戸籍を集... 続きはこちら≫

2019年07月04日

遺産分割問題解決の流れ

相続手続きは、遺言の有無によって2種類に分けられます。 ①遺言がある場合…原則として遺言にしたがって遺産を相続する。 ②遺言がない場合…法定相続人の間で遺産分割協議をする。   ①遺言がある場合 遺言がある場合は、原則、被相続人の意思を尊重して、遺言に従って遺産を相続することになります。 遺言の内容の執行(実行)が難し... 続きはこちら≫

2019年07月04日

遺産分割問題でお困りの方

遺産分割が思ったように進まずに困っている方は、できるだけお早めに御相談ください。弁護士が、代理人となり交渉することで、調停などを回避して、平穏かつ迅速に解決できることがあります。 例えば、次のような相談を受けることがあります。 ・兄から、兄が全ての遺産を相続する内容の遺産分割協議書への押印を求められた。 ・母と姉が一緒... 続きはこちら≫

2019年06月28日

遺留分減殺請求するには

★遺留分減殺請求とは 法定相続人の間に、生前贈与と遺言によって受け取った財産の額に大きな差がある場合、「遺留分」が侵害されている可能性があります。 この「遺留分」の侵害を取り除く手段が、「遺留分減殺請求」です。   たとえば、以下のような場合には、遺留分を侵害しており、遺留分減殺請求を行使することができる可能性がありま... 続きはこちら≫

2019年06月28日

遺留分と遺留分減殺請求

遺言がある場合は、遺言に従って粛々と遺産分割が行われることがほとんどです。 しかし、法定相続人の間で、相続割合に大きな差がある場合、遺留分減殺請求権の有無が争いになることがあります。   遺留分は、法律的にも非常に難しい分野です。遺留分が争いになる場合は、当事務所に御相談ください。 弁護士法人フルサポートでは、可児市・... 続きはこちら≫

2019年06月28日

遺産分割の訴訟について

遺産分割を裁判所で争う場合、通常は、遺産分割調停を行うことが多いでしょう。 しかし、争いの内容によっては、訴訟などの裁判手続きを利用することがあります。   弁護士法人フルサポートは、可児市、美濃加茂市、多治見市、犬山市などを中心に相続の案件を多数、扱っています。 遺産分割の訴訟をお考えの方は、御相談ください。   裁... 続きはこちら≫

相続に関する質問は、お気軽にお問合せください TEL:0574-49-9174 受付時間:平日9時~18時 相談時間:平日9時~20時/日曜・祝日(要予約):11時~18時

メールはこちら

 

 

ACCESSMAP

  • 徒歩各鉄西可児駅から徒歩3分
  • 車国道41号線そば
  • 駐車場あり